マイホームが欲しくて欲しくて!!!がんばって手に入れるぜ!

婚活と言えば結婚相談所というぐらい当たり前になって来ていても、
いざ入会となると結婚相談所というところの実態を知らない人が
ほとんどなので躊躇してしまいがち。
間違ったイメージがある人は一度全てクリアにしてから
結婚相談所のことを詳しく調べてみましょう。
そうすると躊躇していた時間が勿体無く感じるはず。
ひょっとしたらその間に素敵な出会いがあったかもしれませんよ!
まずは、自分がどのタイプの結婚相談所で婚活をすればいいのかを知りましょう。
結婚相談所は幾つかのタイプに分かれています。
一つ目は大手結婚情報サービス。
ここは相手の情報提供だけを提供してもらい後は
自分の力で進めていける人が向いているところ。
二つ目は大手連盟加入型。
アットホームな感じでアドバイザーが色んなアドバイスをしてくれるので相談相手が必要と思った人にはおすすめ。
a0790_000758
三つ目はインターネット型。
何よりも低価格で手間いらずが魅力。
24時間オンラインなので忙しい人にも最適。
結婚相談所は婚活において役に立つことばかり!
利用しないと損しますよ。

2015年春の連続ドラマで注目作品と言えば、キムタク主演の「アイムホーム」でしたよね。
初回16.7%の平均視聴率からもわかるとおり、事前の注目度がそのまま反映されていました。
その劇中で、キムタクが演じた夫の久と、上戸彩演じる妻役の恵、二人が身に付けていた指輪が、
「アフラックス」の結婚指輪でした。指輪自体がカメラで抜かれたこともあって、
「どこの指輪なの?」という声がネットを中心に大きくなり、ドラマと同様に反響がありました。
久の身に付けていたのは「Earth」という同ブランドのコンセプトリング。
Earth=地球ですが、これはアフラックスのブランドテーマでもあり、日本中、
世界中の人から「ありがとう」をいただけるように、という願いが元になっているそうです。
付けられたゆびわ言葉もまさに「ありがとう」。出会えた最愛の人への想い、出会えた奇跡への感謝が、
このEarthには込めらているそうです。一方、恵の指に付けられているのは「Decora」という指輪。
ゆびわ言葉は「特別な時間」で、二人の心躍る時間をいつも指元で感じられるように、
とデザインされています。
この2つに代表されるように、アフラックスの結婚指輪にはそれぞれ「ゆびわ言葉」が付いていて、
それぞれ異なる顔を持つ指輪に、形のない「言葉」で想いが込められています。
ドラマにあやかる、ゆびわ言葉から選んでみる。そんなカップルが、アイムホーム以降、
どんどん増えているかも知れませんね。

枚方市で新築一戸建てのマイホーム購入を検討しています。
ひらパー兄さんのブラマヨで話題の枚方市です。

ひらパーのイメージしか無いかもしれませんが、
実は大阪の郊外でなかなか人気のエリアなんです。
高槻や茨木市にも近いし、京都にも近いんで不便そうに見えていると
思いますが、実はそんなこと全然ないんです。

ひらパー好きの我が家にとってはかなりいい場所で
個人的にはジャイアントドロップメテオってゆうまっすぐ落ちていく
アトラクションが大好きです。
ひらパーの話になってしまいましたが、
実は今日モデルハウスも見に行ってきました。

ここなんですが、河川敷の公園も近くって
子供も喜びますしバーベキュー広場もあるんで
大人も楽しめます。
来週あたり契約しようと思います。

大相撲 大阪場所の中継を見てた時に、全然、相撲に集中できなかったんです。

なぜなら法被を着ている人達がしょっちゅう映ってて、白鵬が出てくると中央の人が真剣にお祈りを始めるんです(笑)。

このリアクションには、困ってしまいました。

見てしまうと、どうしても笑ってしまうんです。

すごい良い席に集団で法被を着て座ってはります。

かなり目立つんで、みなさんも機会があったら探してみてくださいね(^∇^*)

松坂牛を育てて行く上で徹底した牛の健康管理を大切にしています。
どんな牛にも同じ餌を与えるのではなく、仔牛の時は仔牛専用のえさを与え、わらやスーザン、チモシーを仔牛の時にはたくさん与えます。理由としては、「わら」というのは、胃を大きくさせるのに非常に適していると言われており一番活発な青年期に、えさの量を増やすのに活躍してくれるえさです。
えさやりで気をつけるのはえさの料を間違えない事です。これは、非常に難しい事なのですが、フンの状態や食欲を細かく観察し病気や下痢などにならないよう注意しなければなりません。
下痢になってしまうと、ロース芯を小さくさせてしまうため下痢には細心の注意が必要です。
牛はストレスを感じやすい生き物です。ですから飼育環境を良いものにしてやらなければ、身体は大きくはなりませんし、良質の松阪牛は誕生しません。冬は出来るだけ温かくしてあげ、夏は暑くなり過ぎないように風通しが良くなるように工夫してやります。(夏場は 温度管理のできる扇風機を使います)
そして、夏から秋にかけて来る台風の時期は、24時間態勢で世話をする場合もあります。24時間でなくても朝一番で牧場に向かい、1頭1頭しっかりと体調やフンの状態のチェックをします。病気や事故、ストレスで体調を壊さないように細心の注意をしながら飼育しています。自分の子供を育てるのと同じですね。松坂牛の綺麗な霜降りができあがるのは寒い冬の間だといわれています。ですから、麦の量を気持ち増やし調整します。夏は牛の部屋のおがくずの量を調整して、温度が上がりすぎないように注意します。夏場は籾の量を少なめにし、冬場は籾の量を少し多めにします。

牛と人間、立場は違えど、縁あって出会ったのだから大切に大切に飼育する。と生産者のみなさんは口を揃えて言われます。ですから、出荷の時は涙も出ることがあるそうです。飼育している間は本当の我が子のように愛着をもって飼育しているのですから、当たり前の感情といえるのかもしれないですね。
新築祝いのホームパーティは松坂牛です

来店誘致に欠かせないイベントやセール。
様々な業種で様々な思考を持って各社施策に取り組んでいる。
よく耳にするのがボーナスシーズンに合わせたバーゲンセール。

世の中の人たちの財布の紐が緩む瞬間。

日々の頑張った生活に対して自分へのご褒美。働く活力になっているのではないでしょうか。

イベントは販売を促し、

世の中の流れと言うよりは売り手のタイミングで打たれた施策のように自分は思える。

新店舗出店イベント、新商品発売イベント等毎日イベントしているような会社もある。

そのように通常時、

イベント時と差別化されなくなってくると消費者もいつ購入すればお得なのかわからなくなり、

購入に踏み出せなくなる消費者も増えていることでしょう。

施策を打つ会社も商材、タイミング、媒体と狙っていかなければただの経費の無使い。

昔は当たり前の宣伝の媒体であるチラシが最近では減っているように思える。

私は新聞を頼んでいますが、折込チラシが明らかに減ってます。

自動車や電気屋やスーパー等のチラシを個人的に楽しみにみてたのですが

時代の流れになってるんでしょうね。妻がイベント、セールの案内をネットで確認しています。

家の近隣だけに限らず遠方のイベント、セールチラシが手に入る。

メール会員等にも入って配信されてくるそうです。

私には想像がつかない時代です。

お得なイベント、セールを知るにはネットは欠かせないのでしょうか。

早くスマートホンに携帯を変更して勉強していくべきなんでしょうね。

 

やっとマイホームがある神戸に帰れます!

新年度の人事異動で神戸に転勤になりました。
これで転勤するのも3回目。
今は福岡に住んでるんだけど元々育ったのは神戸です。
大学卒業して就職決まって最初の勤務地は広島の福山で勤務開始です
福山では本場で食べる広島焼きのおいしさに感動です。
ホンマにおいしいですね。
広島焼きと牡蠣食べまくって転勤です。

次の勤務先は神戸です。
地元の神戸の東灘に帰れました。
ここで結婚して、
子供も生まれて
神戸の設計事務所にお願いしてデザイナーズ住宅を建ててもらって
と平凡だけど楽しい家族生活を始めてたんだけど
辞令で転勤・・・
ここから単身赴任生活が始まりました。

地元神戸を離れて次に行ったのは
3年間の名古屋生活です。
名古屋もなかなかの土地で家族に会いに行くのもまだそんなに時間もかからないので
週末はいっつもかえって家族団らんの楽しい生活もして
帰省の交通費も会社負担で出張気分だったんで
みそカツ食いまくって名古屋は終了です。

次の辞令が残酷で・・・
群馬県の高崎ってところに2年です。
ここまで行くとなかなか帰省する時間も厳しくて
1か月か2か月に1回帰れるかどうかみたいな
生活です。
ここでのストレスはかなりのもので
たまに帰っても子供も忘れているのか
懐いてくれず泣き出したりとさみしい帰省が続いてたんで
上司もかわいそうに思ったのか

神戸に帰らせてやろう!

っと上司が会社と掛け合ってくれて
帰れることになりました。

で上司がさらに会社にもう転勤しなくても
大丈夫!
もう一人立ちで来て神戸を仕切れるぐらいに成長したから
ってことで神戸に戻してくれました。

でマイホームに帰れることにもなって
家族とゆっくり一家団らんの生活ができるようになりましたよー
マイホームから見える景色はこんなん
IMG_0307[1]

かえって来たら子供も5歳と2歳で気が付けばもうそんな歳です
かわいがりたかった時期を遊んでやれなくて辛かったけど
今からは一緒です。

子供にもいろいろしてあげたくて
この家を建ててくれた設計事務所の設計士に勉強机を作ってもらうことにしました。
どこにもない世の中で1つしかない机を小学校に入る前にプレゼントしましたよ。

これから一緒にいろいろ勉強したり遊んだりしようねー
ってことで。

その時、いろいろお願いしたのは神戸のなんとかって設計事務所だったんですけど
優しく楽しませてくれる設計士さんですよ。

帰ってきてからもたまに話してます。

ご近所の古い団地が解体しています。
すごいです。

マンモス団地だったんですけど、みるみるうちに無くなっていきます。
特に、解体風景画好きとかはないんですけど、あれって見てて全然飽きないですよ。

びっくりするぐらい、時間を忘れるぐらい、ずーっと見ていられます。
5階建てで、横に6軒ぐらいの団地なんですが、

おっきな機械を使って、一気に壊していきます。
テレビで見たことある、爆破とか、鉄球とかでの解体ではないんですけどね。

それでも大きな音がして、すごいホコリが舞い上がって、ダイナミックなんです。
となりのマンションに住んでいるんですが、いつもマンションの廊下から時間が許す限り見ちゃいます。

もうすぐ、全部なくなっちゃいます。
なんか寂しいですけどね。

なんでリノベーションとか考えなかったんだろうなーとも思うんですが、いろいろあるんでしょうね。
団地がなくなったら、一戸建てがたくさん建つそうです。

建売りかな?
賃貸マンション生活なんで、是非!その一戸建て買えたらなーなんておもったり。

まぁ、何年後かわかんないですけどね。

アムウェイの商品を購入したが使わないといった場合、処分に困った経験はないでしょうか?
セカンドセール品を扱うお店にこれらの商品を持ち込んでも、買取を断わられるケースもあります。
ただそのまま保持しつつけるか捨てるという選択肢しかなかったのですが、最近では通常の買取店では買取してくれないMLM商品を買い取ってくれるお店も登場してきております。
これまで処分に困っていたこれらの商品を、このような店舗で買取してもらうことで、チョットお得に手放すことができるようになりました。
いらなくなったアムウェイ製品の買取が良さそうです.。

現役会員さんで在庫を抱えこんでしまった方なども、これらの店舗を利用しているようです。

・単品でも問題なし
アムウェイビジネスをしている友人からお鍋を購入する場合に、友人数名で1セットを購入し、使う鍋をそれぞれ分けあって・・・という買い方をする主婦さんもいることでしょう。
他にも、自分ひとりで1セット購入される場合もあると思います。
そんな時に、やはり使わないお鍋などが残ってしまうケースもありますよね。

単品単位で買取を行ってくれるお店ももちろんありますので、お家で使わないものだけを買い取って欲しいという要望にも応えてくれます。
どうしてもハンパがでてしまうセット物では、このようなシステムがあるというのは非常に嬉しいことですよね。
このような店舗ではサプリメントなどの食品なども買取してくれるようですので、ダイエットの目標を達成してしまい、手つかずのサプリが残ってしまったという人にもオススメです。
お店によって違いがあるようですが、セット販売されている商品に対しては全品揃っていないと買い取りを行ってくれないという店舗がありますので注意は必要です。

現在のOA製品は、ダウンサイジング化が進み高速・小型・軽量・低価格化が進んでおります。
オフィスによる紙へのアウトプットはドットプリンタからインクジェットと移り変わり、現在ではレーザープリンタが主流となっております。
この印刷に使われるのがトナーとなりますが、これほどまでに普及したのは、メンテナンスの必要が無いカートリッジ式のタイプが登場したことが大きいでしょう。

年間販売台数が80万といわれるレーザープリンタ、そのトナーカートリッジの消費量は1500万個と大量になります。
このカートリッジがプラスティックで作られていましたが、これまでその処理は単に廃棄され埋め立て処分されておりました。
便利さの反面、廃棄物の増加と環境への悪影響が懸念され、現在このトナーカートリッジの再利用に注目されています。
今、様々な分野で、リサイクルの動きが広まっていますね。

再利用可能なカートリッジにトナーを再装てんすることによりゴミの量を大幅に減らすことで、環境および資源の消費を抑える事が可能になっています。
またトナーの粉自体そのまま廃棄することで人体に良い影響を与えないために、健康面からみてもこの再生処理は大いに有用であるとみられています。

米国では40%のトナーカートリッジが再利用されているのに比べ、日本の現状は7%とまだまだ少ないため、今後一層のリサイクルの推進が望まれるところです。