マイホームが欲しくて欲しくて!!!がんばって手に入れるぜ!

現在のOA製品は、ダウンサイジング化が進み高速・小型・軽量・低価格化が進んでおります。
オフィスによる紙へのアウトプットはドットプリンタからインクジェットと移り変わり、現在ではレーザープリンタが主流となっております。
この印刷に使われるのがトナーとなりますが、これほどまでに普及したのは、メンテナンスの必要が無いカートリッジ式のタイプが登場したことが大きいでしょう。

年間販売台数が80万といわれるレーザープリンタ、そのトナーカートリッジの消費量は1500万個と大量になります。
このカートリッジがプラスティックで作られていましたが、これまでその処理は単に廃棄され埋め立て処分されておりました。
便利さの反面、廃棄物の増加と環境への悪影響が懸念され、現在このトナーカートリッジの再利用に注目されています。
今、様々な分野で、リサイクルの動きが広まっていますね。

再利用可能なカートリッジにトナーを再装てんすることによりゴミの量を大幅に減らすことで、環境および資源の消費を抑える事が可能になっています。
またトナーの粉自体そのまま廃棄することで人体に良い影響を与えないために、健康面からみてもこの再生処理は大いに有用であるとみられています。

米国では40%のトナーカートリッジが再利用されているのに比べ、日本の現状は7%とまだまだ少ないため、今後一層のリサイクルの推進が望まれるところです。